• 年無休の遊び場
スポンサードリンク

赤チャート(数研出版)

 この記事では数研出版の通称『赤チャート』についての、私なりのレビューや感想を書いていきます。


 チャート式の4色(白黄青赤)中でもっともレベルの高いものとなっており、黄や青で基本レベル相当の例題であったものは、Check問題として例を省いた自習問題にほとんどされています。例題で扱う問題も、標準的な問題から入試問題レベルのものまで収録され、章の最初の要点では青チャート以上に深い説明や本質的な内容に触れているところもあります。

 学校の授業の補助としても使える黄チャートや青チャートとは異なり、教科書範囲が理解できたうえで入試の基礎固め以上の内容に手をつけたい人や、学校で習っている段階でもそこそこ数学が得意で、理系の難関大学を目指そうと思っている人向けの参考書になります。そのため、数学が苦手だという人にはオススメできません。
 
※ 参考書の使い方についてはこちら

レベル入試標準レベル~入試最難関レベル
用途・入試基礎以上のレベルの典型問題の辞書的扱い
・高校数学のより深い内容や本質を理解する内容も多く書かれているため、読み物的参考書の側面もある。
特徴・公式などのまとめは他のチャート同様用意されてはいるが、その後に書かれている証明やコラムの内容を吸収することが重要。
・例題では基礎、基本レベルの問題はほとんど省かれており、標準レベル以上で典型的な問題から扱っている。
・数学に苦手意識がある場合は手をつけるべきではない。
・章末問題はほとんどハイレベルな問題で下手な入試問題集よりも断然難しい。
対象者・受験学年ではないが数学が得意で、入試で数学を武器にしたい人。
・数学を入試に課す難関大学志望の人。
・理学部の数学科や情報科志望の人。

 表にも書きましたが、赤チャートは初学者が使いこなしてあるレベルまで引き上げるタイプではなく、手を出すためにはある程度のレベルが要求される参考書ですので、数学に苦手意識があったり、数学が嫌いという人は手を出すべきではありません。
 章の間にところどころコラムも挟まれており、教科書レベルでは扱わないが難関大受験のためには知っておいたほうが良い内容が書かれていますので、数学が好きという人や、基礎は固まっていて、より高度な理解を望む人にとっては大変優れた参考書で、難関大学受験にもこの一冊だけで十分対処できると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す