• 年無休の遊び場
スポンサードリンク

2021年2月16日 明治 商 数学 問題Ⅲ


 合同式の問題です。数学Aの中では発展的内容に含まれていることも多い単元で、慣れていないと「=」と「≡」がごちゃごちゃになってしまい、苦手な受験生も多いので、手が出なかった人もいそうです。
 2.の(ⅱ)に関しては、※にも書いていますが、この証明法ではaが2と3のみを因数にもつという条件を全く使っていないので、何か見落としているように感じてなりません。
 背理法や対偶の証明なども考えましたが、イマイチうまくいかずです。何か気づいた方やミスにお気づきの方は教えてください。

スポンサードリンク

コメントを残す