• 年無休の遊び場
スポンサードリンク

金の切れ目じゃなくても縁の切れ目

 私は大概のことについては基本的に怒りません。というか、喜怒哀楽も基本的に手段の一種と思っているので、怒って見せることで相手に事の重要性の追い風にしたり、笑うことで重い空気にしないようにしたりといった感じで、実際は心の中はあまり何も感じないことがほとんどなのですが、最近一発で不愉快絶縁なできごとがあり、
「自分でもここまで一気に要らないと思う人間がいるんだなぁ。」
と我ながら感心したことがありました(笑)

 結論から言うと、お金を貸したのですが、その際に振込確認はしてねと言ったにもかかわらず、平気で2日間放置され、遅くなるにしても、それをいつ確認すうのかすら言ってこない人だったので
「私が実際は振り込んでなかったら、とかも考えられないのか。こんなバカだからそもそも金に困るんだろうし、ここまで頭が悪い人間なら今後関わっても何のメリットもないし、貸した金額で厄払いできるならむしろそっちの方がまだマシだなぁ。」
と感じて
「お金返さないでいいので二度と関わらないでね~。」
となりました(笑)

相手にとってはどれぐらいの価値の金額か分からないんですが、私個人としては最悪返ってこなくても後悔しない額だったので、そこはしっかりお互いに事前に話しましたし、お金の貸し借りがもとで人間関係が崩れることはよくあるので、そうならないような今後の接し方についても確認をしていたのですがそれ以前の問題でした。

まず、どんなに少額で、後で返すとしても、借りた時点では第三者が労働で稼いだお金が動いているので、それを早急に確認するという礼儀の問題もあると思うんです。
しかし、それ以上に、借りないといけないくらい困っているのに、「振り込んだよ」という私の連絡を受けてそのまま平気で確認を後回しにしている時点で、その人の危機管理の程度が知れたので、そんな人はきっと今後も同じようなことを繰り返す学ばない人だと思うので、関わる価値がないと思ってしまいました(笑)
私自身はどうしても物事をメリットやデメリットの関係で色々見てしまうので、貸したお金が無事に全額返ってくること以上に、返ってこなくても厄払いできることの方がより活きた使い方だと判断したということですね。

しかし、そういった結果からみると、私にとっては全くメリットのない人間関係の整理ができたこと、相手からすれば返済不要で金銭的な問題が解決したので、誰も不幸になっていない最良の形に落ち着いたんじゃないかなぁとも思うので良かったんじゃあないかなと思っています(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す