• 年無休の遊び場
スポンサードリンク

賢い人

「賢いとか頭が悪いって何をもって言うんだろう?」
と良く思うことがあります。
 私自身、自分が賢いと思うときも、頭が悪いと思うときもあります。
「あの判断は賢かったなぁ♪」
「あの対応は頭が悪いわ…」
といった感じです。
 どうも、賢いとか頭の悪いという言葉は、大きく分けてまず

①場面場面で変わる評価
②一生変わらない固定された評価

の使われ方があるように感じます。
このどちらが正しいとか、おかしいという議論はする意味がないと思っていますが、②の意味で使う人の方が多いのかなと思っています。

 私は仕事柄、受験生という勉強に一年をささげている子を毎年見る仕事なので、人が賢くなっていくという様子を見ているためか、①の使い方をすることが多いです。
 生まれ持っての性格や家族の影響によって、当然ながら地頭の良さなどの差はありますが、視野が広がったり、要領が良くなったりすることで、考え方が柔軟になって大きく成長していく様子などが感じ取れると、素直に
「この子は賢くなったな。」
と思います。
 そして、そういう成長によって得られた賢さは、よほどのことがない限り、地頭の差よりも大きいものだと思いますので、私は常に
「賢さは固定値ではなく、努力や物の考え方でいくらでも変わるもの。」
という考え方をしています。
 そのため、常に右肩上がりというわけでもなく、余計なことを考えたり、視野が狭まれば愚かにもなると思っています。

「誰々は自分と違って賢いから…」
「僕は賢くないから…」
という枕詞からはじまる会話をよく耳にします。
私自身も気づかずにしていることもあるのかもしれませんが、できるだけこの言葉を使わないようにしています。
何というか、相手のしてきた努力や苦悩を、賢いという一言で片づけて、自分が努力をしない言い訳にしているようだからです。

 どうしても努力で追いつけない、敵わない人も世の中には沢山いますが、それが果たして才能の差なのか、それとも努力の差なのかと考えたとき、だいたい努力の差なんですよね。
 言ってしまえば努力ができることも才能なのかもしれないですが、それなら才能ってそんなに神がかったものでもないと思えます。
 40代もかなり身近になってきた年齢ですが、まだまだ好奇心と探究心と努力する気持ちを枯らさないように、いろいろなことに挑戦したいと思う今日この頃です♪

スポンサードリンク

コメントを残す